Alpace

会社情報

会社名 AlpacaJapan株式会社
(英語表記:AlpacaJapanCo.,Ltd.)
設立年月日 2016年11月(AlpacaJapan株式会社への名称変更)
代表取締役CEO 四元 盛文
代表取締役CTO 林 佑樹
取締役COO 大曽根 和彦
本社所在地 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-12-5 Nest-Lab北大手町 2階
資本金 658,124,004円(資本準備金を含む)
従業員数 22名
事業内容 AIとビッグデータ技術を活用した金融プロダクトの開発
概要 金融×AIに取組むスタートアップ。深層学習(ディープラーニング)などのAI技術に加えて、ビッグデータ解析や金融向けデータ・ストレージなどの技術にも強みを持つ。2016年3月から、日々のトレーディング業務をAIによって自動化できるウェブサービス「アルパカアルゴ」を提供。マーケット予測プラットフォーム「アルパカフォーキャスト」を開発し、複数の金融機関・事業会社に提供。2018年5月末からBloomberg社と共同で、「AI Prediction Matrix(予測アプリケーション)」を世界のBloombergユーザー向けにサービス開始。
主要株主 役職員等
主要A種優先株主 株式会社三菱UFJ銀行
SMBCベンチャーキャピタル4号投資事業有限責任組合
イノベーティブ・ベンチャー投資事業有限責任組合
価値共創ベンチャー有限責任事業組合
D4V1号投資事業有限責任組合
アーキタイプベンチャーファンド投資事業有限責任組合
商号等 AlpacaJapan株式会社 金融商品取引業者 投資助言・代理業
関東財務局長(金商)第3024号
加入協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

トレーディングにサイエンスを

個人のトレーダーや投資家が、実際の過去データに基づいた統計処理を活用したり、クオンツ分析等の科学的なアプローチを日々のトレーディングに持ち込むことは、簡単なことではありません。私たちは、ビッグデータ+AI技術とマーケットにおける長年の経験を活かすことで、この問題を解決すべく日々奮闘しています。最先端の技術を出来るだけ多くの方々に提供するために、私たちは「MarketStore(マーケットストア)」という超高速データベースを弊社独自に開発しました。これによって、機関投資家レベルで採用されている最先端の技術とスピードを、よりスケーラブルに多くの方々に提供することが可能になりました。コア技術の一つであるMarketStoreを最大限に活用しながら、私たちは、より多くの方々がトレーディングにサイエンスを手軽に持ち込こめるよう日々開発を進めています。

Database, AI, and Capital Markets

四元 盛文代表取締役CEO

金融ビジネス立ち上げのプロフェッショナル。日商岩井で様々な金融商品取引に従事した後、リーマンブラザーズとバークレイズにて、証券化や不動産ビジネスの立ち上げを行う。直近では、バークレイズにて、マネージング・ディレクターとして投資銀行部門 債券資本市場部長兼ストラクチャード・プロダクト部長を務めた。証券ビジネスやファンドビジネスを始めとする、様々な金融ビジネスの立ち上げに幅広い経験を有する。

林 佑樹代表取締役CTO

機械学習のスペシャリスト。幼少期から類い稀なプログラミングの才能を発揮し、Nokia、任天堂等で20年の勤務経験を持ち、様々な先端技術の研究開発に従事した。機械学習における特許を保有し、アルパカではディープラーニング技術を担当。

大曽根 和彦取締役COO

ドイツ証券・ドイツ銀行ロンドン・バークレイズ証券と外資系金融機関において新規ビジネスの立ち上げ、インフラストラクチャーの整備・向上、および当局対応を含む内部管理体制の強化等々、数々の重要なイニシアティブに従事。前職のバークレイズ証券ではフロントオフィスのCOOおよびアジア全体のフロントオフィスリスク管理責任者として貢献。

“MarketStore”

Alpacaが目指すAIドリブンなトレーディング。その実現のために、クラウド環境で超高速に動作し、最高のパフォーマンスとメンテナンス性を発揮する、そんな時系列データベースが必要でした。我々は協議を重ねた結果、Go言語を利用して、そのような時系列データベースを一から開発することにしました。それが「MarketStore」です。現在、Alpacaのすべてのプロダクトにおいて、時系列データ処理はこのMarketStoreを通して行っており、すべての我々のAIドリブンなトレーディングを支える基盤になっています。

ブログ記事Github

募集職種

私たちは金融、データベース、AIのそれぞれの分野のエキスパートが集まったチームです。そしてチームワークなしでは達成できない、最高に難しい問題に挑戦しています。私たちは、このゴールに一緒に向かってくれるメンバーと一緒に働けることを楽しみにしています。

さらに詳しく

Leadership

Advisory

Supporters